シデとセルリアンの節約blog

日々の生活、節約、投資、趣味についてコソコソと綴ります。近づいた人から色々吸収して究極完全体を目指しているのは秘密です。

愛用の空調ざぶとん

time 2016/07/03

どうも、シデです。

 

空調ざぶとんを愛用しています。

もうかれこれ8年は使用しています。

 

スポンサーリンク

 

会社の勤務時間中で自席に座っている間は、ずっと使っています。

汗をかくことには定評のあるシデですので、これがないとすぐにケツに汗をかいてしまいます。

こうなると不快指数が急上昇、

トイレに駆け込んでそのやんごとなき雫(しずく)をふき取らなければなりません。

夏ともなると、エアコンが稼動していようとそのほとばしる熱い衝動は抑えられず、

何度もトイレに駆け込んだものです。

 

つまりはケツ汗がひどくて仕事にならないのです。

 

これを解決したのが空調ざぶとんです。

 

スポンサーリンク

 

薄っぺらいただのざぶとんかと思いきや、その内部はスペーサーにより空隙が設けられており、

ざぶとん前部のファンから吸い込んだ空気を、

スペーサーを経由してざぶとん後部に流す仕組みになっています。

 

これによりざぶとん内に空気の流れが生じます。

この空気の流れが、ざぶとんに座ったもののケツと空気の間での熱交換を促し、

ケツの温度を低下させるのです。

これによりケツ汗を防止できます。

もし、すでにケツ汗をかいている場合でも大丈夫です。

人間がなぜ汗をかくかというと、

汗が気化するときの気化熱で上がり過ぎた体温を下げようとするからです。

この仕組みを生体クーラーといいます。

 

ケツ汗をかいだ状態で空調ざぶとんに座ると、ケツ汗の気化が促され、

より早くケツの温度が低下します。

つまり、ケツ汗をかいていない状態で座るよりも、より涼しく感じます。

その後、十分にケツの温度が低下するとケツ汗は止まります。

もしここでケツ汗をかき続けてしまうと、

ケツの温度はどんどん冷えて凍傷になるかもしれません。

でも人間の体は上手くできていて、そうなる前に汗が止まるのです。

 

冒頭でも述べましたが、僕は一年中ずっと空調ざぶとんを使用しています。

夏とか冬とか関係ありません。

もうこれがないとそわそわして、暑くもないのに冷やケツ汗をかいてしまいます。

もう少しで空調ザブトニストになれそうな気もしています。

 

ケツ汗に悩まれているあなたも、是非お試しください。

 

 

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




自己紹介

中の人

shide

シデ:
30代。男。セルリアンの夫。
好きなことはゲーム、貯金、節約、アクアリウム。
楽しく生きるために考え続けます。

プロフィール画像

セルリアン:
30代。女。シデの妻。
インデックス投資の勉強中。

サイト内検索

follow us in feedly

固定ページ

サイト内検索

逆アクセスランキング



sponsored link