シデとセルリアンの節約blog

日々の生活、節約、投資、趣味についてコソコソと綴ります。近づいた人から色々吸収して究極完全体を目指しているのは秘密です。

実家の家族に依存していた旦那①

time 2016/07/17

実家の家族に依存していた旦那①

セルリアンです。

 

旦那は独身時代から結婚した初期まで、実家の両親や兄弟に依存していました。

良く言えば「家族を大切にしている人」ですが、どう考えてもおかしかったです。

 

旦那と付き合って半年位までは、

「実家が大好き」「兄弟大好き」「お父さんは一生懸命働いていて偉い」と聞いていて、

家族を大事にしていて偉い人だなーと思っていました。

旦那の本当の部分なんて見えていない時でしたねー。

付き合いたての見えないフィルターがあったから良い人に見えたのですね。

 

実家から遠い場所に就職した旦那は一人暮らしとなり、

あまりお金に余裕のなかった実家に毎月2万円の仕送りを自主的にしていました。

奨学金の返済があるにも関わらず、実家に仕送りするなんて私には真似できないです…。

GWなどの長期休みの時は、当然実家に帰省します。

私が「長期休みのどこかで会える日ある?」と聞くと、衝撃的な言葉が出てきました。

 

「そういう時は実家の家族と過ごすものだから、友達や彼女に会うのはおかしい」

 

本当に意味不明でした。

そりゃあ、私も長期休みの時は実家に帰省するけど、

家族と過ごす以外にも地元の友達に会ったりするのはよくあることじゃないの?

彼女すら拒否するの?

非常に疑問がわきました。

 

旦那は実家に帰省すると、家族にお金をばらまいていました。

外食経験があまりなかったせいか、外食に行けば支払いは当然旦那持ち。

実家の食料品も買い込みます。

 

兄弟への誕生日プレゼントは親が誕生日プレゼントを買ってあげないからと、

親の代わりにと高価なプレゼントを購入。

例えば、

当時は並ばないと買えなかったDS本体と、ソフト2万円相当。

PS3が時価4万円。

欲しいと言われたものを金かけて店に並んでまでやっていました。

そんなに高い物買わなくていいのでは?と何回も思いました。

 

お互い社会人になってデートらしいデートをして外食をした時、

旦那はお店の中で涙を流しました。

 

「自分だけ外食をして家族に申し訳ない」

 

就職して自分の稼いだお金で外食しているのに、なんで家族に申し訳ないのでしょうか。

たった580円の冷やしうどんで泣くなんて。。。。

当初はこんな感じだったので、私の意見なんて聞き入れていませんでした。

 

その②へ続きます。

 

sponsored link

down

コメントする




関連記事

お金に対する考え

保険

夫婦のこと

実家依存

投資

節約

自己紹介

買って良かった物

趣味

中の人たち

シデ:
30代。男。セルリアンの夫。
好きなことはゲーム、貯金、節約、アクアリウム。
楽しく生きるために考え続けます。

セルリアン:
30代。女。シデの妻。
インデックス投資の勉強中。




アーカイブ

サイト内検索

逆アクセスランキング

サイト内検索

Facebook



sponsored link