シデとセルリアンの節約blog

日々の生活、節約、投資、趣味についてコソコソと綴ります。近づいた人から色々吸収して究極完全体を目指しているのは秘密です。

昔加入していた生命保険

time 2016/06/09

セルリアンです。

昔加入していた生命保険について、ふと思ったことを。

 

就職する時、親に勧められて訳も分からず生命保険に加入しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

保険内容は、

 

・保障期間30年

・死亡保障1000万円

・入院日額1万円

・手術給付金あり

・満期持に100万円おりる

 

保険料は、年払いで約7万円でした。

30年間支払うと、210万円です。

半分掛け捨ての保険といったところでしょうか。

当時は「保険難しい、よくわからない」という印象で、

おそらく親も内容を理解していなかったことでしょう。

結婚後、保険について勉強し、この保険を解約することになりました。

解約するまでは色々あり、親の知り合いが絡んでいたために「解約するな」と散々言われ、

私自身も解約することに気が引けていました。

知り合いの付き合いがあるととても面倒ですね。

親が保険料を払っていた訳ではないのに。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

そもそも、死亡保障1000万円は必要ではありませんでした。

独身時代は、受取人は父親です。

万が一、私が20代前半で死んだとして父親が1000万円を受け取ることに意味があるのか?

娘が死んでしまっては大金を貰っても嬉しくないのではないか。

葬式代を引いて残った分は、

今まで私にかかった学費の返納、親の老後の費用、兄弟の学費になるのか?

そう考えると意味がないなあと思います。

いくら満期時に100万円おりると言っても、保険料を払った分の半分が返ってくるだけ。

「100万円」という単語だけ見ると、得した気になるだけで得ではありません。

あらかじめ100万円を多めに支払っていたにすぎないのです。

今思えば、独身時代のうちに保険の見直しをして、

お手頃な県民共済に加入するか、

民間の一番安い掛け捨ての医療保険に加入すればよかったと思います。

その分貯金できたのにもったいない・・・。

 

その後は、独身時代の保険は解約し、別な保険に加入しました。

さらに保険の勉強をしていくうちに、十分な貯金があれば保険はいらないと考えるようになり、

その保険も最近解約しました。 

高い勉強代だったなあとつくづく思います。

 

 

スポンサーリンク

sponsored link

down

コメントする




自己紹介

中の人

shide

シデ:
30代。男。セルリアンの夫。
好きなことはゲーム、貯金、節約、アクアリウム。
楽しく生きるために考え続けます。

プロフィール画像

セルリアン:
30代。女。シデの妻。
インデックス投資の勉強中。

サイト内検索

follow us in feedly

固定ページ

サイト内検索

逆アクセスランキング



sponsored link