ふるさと納税とiDeCo(個人型確定拠出年金イデコ)で3万円以上の節税!

節約・家計管理
この記事は約2分で読めます。

ふるさと納税とiDeCo(個人型確定拠出年金イデコ)で3万円以上の節税!

セルリアンです。

 

去年から、私の名義でiDeCo(イデコ)とふるさと納税を始めました。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を開始しました
セルリアンです。 来年1月から個人型確定拠出年金の加入範囲が拡大されると話題になっていますね。 私は少し前から個...
【ふるさと納税】茨城県土浦市「佐藤畜産の極選豚 ヘルシー2.6kgセット」を申し込みました  
セルリアンです。 今年は初めて、私名義のふるさと納税をやってみることにしました。  
【ふるさと納税】静岡県吉田町「季節の新鮮野菜の詰め合わせ」のボリュームが凄い!
 セルリアンです。 またまた私名義のふるさと納税をしました。 今年の分はこれで終了です。  

iDeCoとふるさと納税をやると、住民税と所得税が安くなるメリットがあります。

最近、住民税のお知らせが届いたので、実際どれくらい安くなったのか検証しました。

 

スポンサーリンク

ふるさと納税とiDeCoの節税額を確認

去年のiDeCo掛け金、ふるさと納税額は、

 

iDeCo掛金: 138000円(月23000円の掛金、半年分)

・ふるさと納税額: 15000

 

 住民税の場合

iDeCoの場合、年間の掛金に対して住民税が10%安くなります。

138000円 × 0.1  =  13800円・・・①

 

ふるさと納税は、納税額から2000円引いた分が住民税から控除されます。

15000円   2000 = 13000円・・・②

 

iDeCo、ふるさと納税をやらなかった場合の住民税は、

106000

 

今年の住民税は、

 106000 - (① + ②)

106000 - (13800 + 13000) =  79200・・・③

 

なんと、26800円も節税になっていました!

 

去年より少し年収は上がっているのに、住民税が減っていて驚きです。(去年は90400)

 

所得税の場合

iDeCoによって所得税も安くなります。

私の場合、iDeCoの年間掛金の5%が安くなるので、

 

138000  ×  0.05 = 6900円・・・④ ※復興特別所得税は考慮せず

 

スポンサーリンク

ふるさと納税とiDeCoによる節税額は33700円!

節税額の合計は、

 

① + ② + ④ = 33700

 

これだけの税金を払わなくて良いなんて凄いです!

今年はiDeCo 1年分の掛金を払う予定なので、もっと節税できます。

来年の住民税が楽しみです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました