シデとセルリアンの節約blog

年間貯蓄500万円。夫婦共同でブログ運営中。億万長者の前に、まずはアッパーマス層(資産3000万円以上)を目指します。日々の生活、節約(光熱費、通信費、ふるさと納税)、インデックス投資、趣味について発信しています。

絶大な節税効果です! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とふるさと納税による初めての節税

calendar

reload

絶大な節税効果です! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とふるさと納税による初めての節税

絶大な節税効果です! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とふるさと納税による初めての節税

セルリアンです。

 

去年から、私の名義でiDeCo(イデコ)とふるさと納税を始めました。

 

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を開始しました

【ふるさと納税】茨城県土浦市「佐藤畜産の極選豚 ヘルシー2.6kgセット」を申し込みました  

【ふるさと納税】静岡県吉田町「季節の新鮮野菜の詰め合わせ」のボリュームが凄い!

 

iDeCoとふるさと納税をやると、住民税と所得税が安くなるメリットがあります。

最近、住民税のお知らせが届いたので、実際どれくらい安くなったのか検証しました。

 

スポンサーリンク

その節税効果とは?

 

去年のiDeCo掛け金、ふるさと納税額は、

 

iDeCo掛金: 138000円(月23000円の掛金、半年分)

・ふるさと納税額: 15000

 

 住民税の場合

 

iDeCoの場合、年間の掛金に対して住民税が10%安くなります。

 

138000円 × 0.1  =  13800円・・・①

 

ふるさと納税は、納税額から2000円引いた分が住民税から控除されます。

 

15000円   2000 = 13000円・・・②

 

iDeCo、ふるさと納税をやらなかった場合の住民税は、

 

106000

 

今年の住民税は、

 

 106000 - (① + ②)

106000 - (13800 + 13000) =  79200・・・③

 

なんと、26800円も節税になっていました!

 

去年より少し年収は上がっているのに、住民税が減っていて驚きです。(去年は90400)

 

所得税の場合

 

iDeCoによって所得税も安くなります。

私の場合、iDeCoの年間掛金の5%が安くなるので、

 

138000  ×  0.05 = 6900円・・・④ ※復興特別所得税は考慮せず

 

節税額の合計

 

節税額の合計は、

 

① + ② + ④ = 33700

 

これだけの税金を払わなくて良いなんて凄いです!

今年はiDeCo 1年分の掛金を払う予定なので、もっと節税できます。

 

来年の住民税が楽しみです。

 

 

 
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ




この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




中の人

シデとセルリアン

シデとセルリアン

30代。共働きの子なし夫婦のシデ(夫)とセルリアン(妻)。
日々の生活、節約(光熱費、通信費、ふるさと納税)、インデックス投資、趣味について発信しています。楽しく生きるために考え続けます。 [詳細]

folder 自己紹介

ブルゾン社畜 残業時間は35時間over
サンシャイン社畜 凝縮された社畜精神が叫びとなってイェーーーーイッ!
初めまして。セルリアンです。
more...