仕事と同じくらいめっちゃ大変ですよ! 家事の重要性について考える

夫婦のこと
この記事は約2分で読めます。
仕事と同じくらいめっちゃ大変ですよ! 家事の重要性について考える

僕達夫婦は、それぞれが別々の仕事をし、異なる拘束時間に縛られ、異なる給料を稼いでいます。

給料の額はそれぞれ異なるものの、稼いだ金は夫婦二人のものになると考えています。

スポンサーリンク

稼いでいる方が偉い?は?何で?

労働時間当たりの給料に違いがありますが、その額でどちらが偉いとか、効率良く稼ぐとか議論するのは意味のないことです。

夫婦は何事にも平等であると考えているからです。

旦那側が、

「誰のおかげで飯が食えると思っているんだ!!」

とか

「俺は仕事で疲れているんだ。家のことは任せるよ。」

とか

「主婦(主夫)は気楽でいいよなあ。」

という名言を吐く様子がドラマなどで見られることがあります。

また嫁側が

「たまには家事も手伝ってよ。」

とか

「旦那は仕事ばかりで家のことは全然考えてくれない」 

というテンプレート発言をする様子も見られます。

両方とも僕には理解不能です。

スポンサーリンク

家事の重要性を考える

夫婦で協力するからこそ家庭が成立するのであり、稼ぐことと共に家事は重要です。

そして家事は非常に大変だと思います。

仕事と同様、またはそれ以上に大変だと思います。

子供の世話、親の介護などと重なる場合、仕事などと比べ物にならないくらい辛いことでしょう。

そういった環境で家事をこなす人々を尊敬します。

仕事と家事、どちらかだけやっていても生活できません。

仕事をして稼いでも家のことをほったらかしていては家が散らかってゴミ屋敷になるだろうし、逆に家事をしているだけでは稼げません。

仕事と家事をバランスよく、そしてそれらを夫婦でバランスよく担うのが理想です。

仕事や家事の難易度が異なろうがそれぞれに一生懸命取り組み、いかに夫婦の自由時間を最大化するかを大切にしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました