不妊歴5年経過。子供がいないメリットを考える。

夫婦のこと
この記事は約3分で読めます。

不妊歴5年経過。子供がいないメリットを考える。

セルリアンです。

 

現在、子なし夫婦。

子供は欲しいです。

でもそう思ってから5年も経ってしまいました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「子供なんてそのうちできるはず」

本当にそう思っていました。

自分の母親は不妊とは無縁だったので、自分がそうなるはずがないと。

全く関係ないのに。

 

私の気持ちの変化を簡単に表すと、

 

不妊歴1年目→全然問題ないよね。

不妊歴2年目→まだかな~。

不妊歴3年目→あれ、おかしい。

不妊歴4年目→なんで?どうして?

不妊歴5年目→もうどうでもいい。

 

不妊歴23年目の時が1番辛かったと思います。

自分の周りで子供が産まれたという話が多かったので。

誰かを一方的に恨むこともよくありました。

不妊治療は1年間だけ続けて、本当の最初の治療だけで精神的に辛くて辞めてしまいました。

その時の検査では不妊の原因はありませんでした。

私が仕事を辞めれば不妊治療に専念できて、きっと妊娠できると考えていました。

でも、また働くことで気を紛らわしている状態です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

私も旦那もまた不妊の検査をすれば原因がでてくるかもしれません。

しかし、気持ちが不妊治療に向きません。

子供は欲しいけど、このまま2人でもいいような気もしています。

本当にどっちでもいい、どうでもいいという気持ちです。

 

そこで、子供がいないメリットを考えてみました。

 

・住宅ローンを早期完済できる

・老後の資金を子供がいるよりも多めに準備できる

・いつでも旅行に行ける

・旦那が早期退職をすることができる

 

要するに自由度が高くなるということですね。

これはこれでありな気がしてきました。

 

とりあえず、私が40歳になったら本格的に子供を諦めることにします。

 

妊娠は当たり前ではなくて、宝くじの1等に当選するような奇跡的なことだと痛感しています。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました