グッピー産卵ラッシュ アクアリウム20161230

アクアリウム
この記事は約2分で読めます。

グッピー産卵ラッシュ アクアリウム20161230

シデです。

 

グッピー産卵ラッシュです!!

発見次第、すくってサテライトスリムSへ隔離しています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

水槽の水面付近で小さな影を発見し、炭素繊維に絡まった魚の糞かと思いましたが、グッピーの稚魚でした。

それも複数。

 

いくら炭素繊維が強力な目くらましになり、他の魚から食べられるのを防止しているとはいえ、ほっておいたら他の魚に食べられるでしょう。

その危険を回避して僕が発見できた稚魚は、目標としている

 

グッピグピな水槽(グッピーまみれの水槽)

 

に近づけるために、なるべく隔離して育てようと思います。

サテライトスリムSの中には、すでにアフリカンランプアイがおりますが、この魚であれば、グッピー稚魚は口に入らないようで食べられません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

100均で購入した網は、大き過ぎて水槽の隅っこにアクセスしにくいし、無理に突っ込むと炭素繊維が漂って形成された藻場の形を崩してしまうため、使うのをあきらめました。

代わりに、小さくて稚魚をすくうのに使いやすいので、かつて弁当箱の仕切りだったプラスチックの容器を使用しています。

 

ここ数日で10匹以上の稚魚を隔離し、

 

「お前は今まですくった稚魚の数をおぼえているのか?」

 

という名台詞をつぶやき、ひとりニヤニヤしています。

 

 

ミステリクレイフィッシュはまた脱皮しており、ぱっと見、二匹いるように見えて面白いです。

それにしても綺麗に脱皮するものです。

一日たつと、自分で脱皮殻を食べてしまいます。

段々大きくなってきました。

67cmほどでしょうか。

サテライトの高さを乗り越えるくらいに大きくなるようなので(10cm)、どうするか考えておく必要があります。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました