個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の資産状況2018年3月 8.2%プラスでした!

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)
この記事は約4分で読めます。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の資産状況2018年3月 8.2%プラスでした!


セルリアンです。

2018年3月の私の個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の資産状況の報告です。

先月の状況は以下の記事をご覧ください。

 

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の資産状況2018年2月 13.8%プラスでした!
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ...

 

SBI証券を利用しており、企業年金がないので掛金は上限の月23,000円にしています。

SBI証券は、口座開設手数料、口座管理手数料が無料となっています。

iDeCo(イデコ) で抜群の節税効果が出ており、以下の記事でも紹介しています。

ふるさと納税とiDeCo(個人型確定拠出年金イデコ)で3万円以上の節税!
セルリアンです。 去年から、私の名義でiDeCo(イデコ)とふるさと納税を始めました。iDeCoとふるさ...

 




スポンサーリンク

資産状況

 

資産状況は以下の通りです。

商品は先進国株式のDCニッセイ外国株式インデックス100%にしています。

 

 

資産残高    472,856円(先月比+1,821円)

拠出金累計  437,000円

損益        35,856円

損益率        +8.2%

 

今月もプラスでした。

スポンサーリンク

掛金の何単位拠出をどうするか

sponsored link

 

SBI証券では2018年1月からiDeCO(イデコ)の掛金の年単位拠出を開始しています。

 

掛金の年単位拠出と年末年始の書類請求に関するお知らせ

 

毎月掛金を拠出する度に国民年金基金連合会へ103円、事務委託先金融機関へ64円、合計167円の手数料が発生しています。

年間だと167円 × 12カ月 = 2004円を支払っていることになります。

もし年1回の掛金の拠出に変更すると、103円 + ( 64円 × 12カ月) =  871円

年間871円のみの手数料となり、1133円の節約になります。

ずっと先延ばしにしていたので、今月中にSBI証券に電話して書類を取り寄せようと思います。

 

みとべさんの記事が参考になりました。

【個人年金その6】iDeCoの年単位抽出は希望する抽出月を電話口でいきなり聞かれる

 







おすすめ記事

家計簿をつけて、余剰資金を常に把握しています。

 

【共働きの節約家計簿公開】2018年2月 貯金14.7万円 電気代が上がったけど寒いからしょうがない!
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ...

 

企業型DC(確定拠出年金)もフル活用中です。

 

企業型確定拠出年金(企業型DC)でマッチング拠出フル活用の55000円掛けるってしばらく無理な件
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});...

 

億万長者に憧れています。

 

資産1億円以上で億り人! そこまで待てない人のために途中の称号を考案
シデです。   アッパーマス層という言葉を見つけました。 アッパーマス層とは なんのこっちゃと調べてみた...

作者プロフィールもご覧いただくと、どんな奴が書いているか分かりますよ。

記事一覧も是非!我々夫婦の執念がこもった記事が盛りだくさんです。

 

 
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました