シデとセルリアンの節約blog

年間貯蓄500万円。夫婦共同でブログ運営中。億万長者の前に、まずはアッパーマス層(資産3000万円以上)を目指します。日々の生活、節約(光熱費、通信費、ふるさと納税)、インデックス投資、趣味について発信しています。

家計簿をつけるきっかけ

calendar

reload

家計簿をつけるきっかけ

家計簿をつけるきっかけ

セルリアンです。

今日は、家計簿をつけるようになったきっかけについて。

 

スポンサーリンク

きっかけは一人暮らし雑誌の家計診断

 

就職前、ひとり暮らしをとことん楽しむ!」という雑誌を読むのが好きで、自分の部屋紹介のページを見て一人部屋に憧れを抱いていました。

雑誌のページの中にあった節約アドバイザーの丸山晴美先生の家計簿診断も好きでよく見ていました。

そして雑誌の付録に家計簿がついていて、そこから家計簿をつけてみようと思い立ちました。

なんとなくお金は貯めなきゃいけない感覚はあり、家計簿は必須でした。

付録の家計簿に手書きで書き込んでいき、ページがなくなると、エクセルで同じ書式で作り記入し続けました。

結婚後はまた別な書式に作り直して現在も実行中です。

 

当時、自分の生活費がパターン化していて、お金がない!と焦ることがありませんでした。

家計簿をつけて「今月は使いすぎた、来月は気を付けよう」という考えはなく、ただの記録表だった気もします。

しかし結婚後、年間を通して収支を見直すことで無駄な部分が見えてきて、色々修正するきかっけになるのでとても便利です。

 

独身時代は通信費が酷すぎた!

 

独身時代の家計簿を見直すと、当時通信費について無頓着だったということがわかりました。

 

・固定電話代 1000円

・携帯代 7000円

・インターネット 5000円

 

酷すぎる・・・。

現在の我が家の通信費は夫婦合わせて約5000円なのに(笑)

 

家計簿は一生続けていくでしょう。

 

お金に困らない方法を導く記録表ですから。

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 




この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




中の人

シデとセルリアン

シデとセルリアン

30代。共働きの子なし夫婦のシデ(夫)とセルリアン(妻)。
日々の生活、節約(光熱費、通信費、ふるさと納税)、インデックス投資、趣味について発信しています。楽しく生きるために考え続けます。 [詳細]