銀行から「大切なご案内」が届いたらどんな反応をしますか?

この記事は約1分で読めます。
銀行から「大切なご案内」が届いたらどんな反応をしますか?

セルリアンです。

最近、住宅ローンを組んでいる新生銀行(旦那名義)から“大切なご案内”と書いている書類が届きました。

スポンサーリンク

大切なご案内は、ただの残高推移のお知らせ

中身を空けてみると、書類の内容は「残高推移のお知らせでした。

過去1年間の預かり資産と借入残高が記載してありました。

ネットでよく確認しているし、そもそも今まで届いたことがないです。

わざわざ立派な厚紙にわかりやすい表とグラフ。

経費をかけまくっているなあと思いました。

スポンサーリンク

大切なご案内の裏には、巧みな営業戦略が見える

他には、

新生銀行と年に1度は資産チェック!

健康診断を受けるように、

年に一度が新生銀行でお金のことを一緒に考えてみませんか?

と色々と怪しい言葉が並んでいました。

つまり、店舗で資産について相談をしてもらって、将来の備えのために資産運用をしてもらい、保険に加入させるための営業の書類でした。

インデックス投資や保険の見直しをしていなかったら、営業の書類だということに気付かなかったでしょう。

新生銀行に資産の相談に行ったらブログのネタになりそうだけど、そこまでの勇気も時間も暇もないのでやりません。

現在は夫婦で手数料にこだわりを持っているので、銀行の投資信託なんて買わないぞ~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました