シデとセルリアンの節約blog

年間貯蓄500万円。夫婦共同でブログ運営中。億万長者の前に、まずはアッパーマス層(資産3000万円以上)を目指します。日々の生活、節約(光熱費、通信費、ふるさと納税)、インデックス投資、趣味について発信しています。

がん保険を解約 保険の見えない呪縛からどんどん解放されて行きます

calendar

reload

がん保険を解約 保険の見えない呪縛からどんどん解放されて行きます

がん保険を解約 保険の見えない呪縛からどんどん解放されて行きます

セルリアンです。

いつかやろうと思っていたがん保険の解約を遂に実行することになりました。

 

保険内容は次の通り。

 

スポンサーリンク

 

・保険会社: AIG富士生命

・保険期間: 終身

・払込み期間: 60歳まで

・保険料: 年払いで20000/

・がん診断給付金額: 100万円(複数回支払。ただし2年に1回が限度)

・死亡給付金額: 10万円(保険用払込満了後の保険期間中に死亡した場合に限る)

・がん先進医療給付金額: 1診療限度500万円。通算限度1500万円。

・保険料払い込み免除保障: 払込期間中に初めてがんと診断確定された時。

 

無料保険相談所に行った時は、メットライフ生命のがん保険を勧められました。

しかし、当時自分達なりに色々調べて、シンプルでわかりやすいがん保険にしようということになり、「給付金と先進医療特約のみ」にすることができたAIG富士生命のがんベストゴールドを選択しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

その後、保険の勉強をした結果、

「生命保険、医療保険は貯金が増えてきたから解約して、がん保険のみ残す」という結論を出しました。

しかし、がん保険だけが残ってからも違和感が残りました。

仮に30歳からがん保険を契約して、60歳まで払い込んだとします。

 

20000/年 × 30 = 600000

 

がん診断給付金1人あたり100万円の為に30年間で60万円を払い込む意味があるのか。

 

30年で100万円 / 60万円 = 1.67倍のリターンしかないような投資商品と考えると、あまり効率的でないし、掛け捨てタイプなので貯蓄性もありません。

がんになる確率は高齢になると上がるとしても、それに対応できる貯金を準備しておけばこの保険いらないような気がしてきました。

 

=引用開始==================

 

宝くじ以下? がん保険の費用対効果を試算

 

=引用終了==================

 

 

今まで支払っていた保険料は、貯金、積立投資に回します。

もしがんになったとしても、医療費は高額療養費制度を利用すればたかが知れているし、どうしても先進医療(放射線治療など)で治療したくなったら貯金で賄おうと思います。

 

これで、現在加入している保険は、

 

・火災保険(個人賠償責任保険もオプションで加入)

・地震保険

・団体信用生命保険

 

これらは一戸建てに住んでいるため、必要な保障です。

 

保険は必要な分だけ加入するべきですね。

 

 

※追記

記事の紹介をしていただきました。

うちゅー さん 深呼吸と保険

Momokoさん 医療保険とがん保険の必要性について考えてみました  

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




中の人

シデとセルリアン

シデとセルリアン

30代。共働きの子なし夫婦のシデ(夫)とセルリアン(妻)。
日々の生活、節約(光熱費、通信費、ふるさと納税)、インデックス投資、趣味について発信しています。楽しく生きるために考え続けます。 [詳細]

folder 自己紹介

ブルゾン社畜 残業時間は35時間over
サンシャイン社畜 凝縮された社畜精神が叫びとなってイェーーーーイッ!
初めまして。セルリアンです。
more...