昔加入していた生命保険を振り返る! 内容を理解していなかったので損してました

保険見直し
この記事は約5分で読めます。

セルリアンです。

昔加入していた生命保険について、ふと思ったことを。

スポンサーリンク

当時の生命保険の補償内容

就職する時、親に勧められて訳も分からず生命保険に加入しました。

保険の補償内容は、

・保障期間30年

・死亡保障1000万円

・入院日額1万円

・手術給付金あり

・満期持に100万円おりる

保険料は、年払いで約7万円でした。

30年間支払うと、210万円です。

半分掛け捨ての保険といったところでしょうか。

当時は

保険難しい、よくわからない

という印象で、おそらく親も内容を理解していなかったことでしょう。

結婚後、保険について勉強し、この保険を解約することになりました。

解約するまでは色々あり、親の知り合いが絡んでいたため

「解約しないで欲しい」

と散々言われ、私自身も解約することに気が引けていました。

知り合いの付き合いがあるととても面倒ですね。

親が保険料を払っていた訳ではないのに。

スポンサーリンク

死亡補償の妥当性を考えた

そもそも、死亡補償1000万円は必要ではありませんでした。

独身時代は、受取人は父親です。

万が一、私が20代前半で死んだとして父親が1000万円を受け取ることに意味があるのか?

娘が死んでしまっては大金を貰っても嬉しくないのではないか。

葬式代を引いて残った分は、今まで私にかかった学費の返納、親の老後の費用、兄弟の学費になるのか?

そう考えると意味がないなあと思います。

いくら満期時に100万円おりると言っても、保険料を払った分の半分が返ってくるだけ。

「100万円」という単語だけ見ると、得した気になるだけで得ではありません。

あらかじめ100万円を多めに支払っていたにすぎないのです。

今思えば、独身時代のうちに保険の見直しをして、お手頃な県民共済に加入するか、民間の一番安い掛け捨ての医療保険に加入すればよかったと思います。

その分貯金できたのにもったいない・・・。

スポンサーリンク

結婚後も保険選びの迷路へ

その後は、独身時代の保険は解約し、別な保険に加入しました。

さらに保険の勉強をしていくうちに、十分な貯金があれば保険はいらないと考えるようになり、その保険も最近解約しました。 

高い勉強代だったなあとつくづく思います。

保険カテゴリーでは、いろいろな保険に関する体験談、考え方を紹介しています。

是非ご覧ください!

スポンサーリンク

保険相談に行く前の心の準備

かつては生命保険、医療保険、がん保険とたくさん保険に加入していましたが、保険を見直そうとして保険相談に行ったのをきっかけにどんどん保険を辞めました

保険相談所は行くだけでも勉強になりますが、丸腰で行くと不安を煽られて、特約たっぷりで保険料がバリ高の無駄な保険に加入してしまう可能性もあります

必要な保険内容を理解出来れば、保険相談所で提案される補償が無駄に過剰で高いのか、それとも適切なのか理解できるのですが、初見ではそれは難しいでしょう。

相談員の言うままにいきなり契約してしまい、高い授業料(高い保険料)を払う前に、哀れだった私たちの体験談を読んでみませんか?

私はきちんと理解しているから大丈夫、保険の予習はもう十分という方も、読み物として是非!

「ほけんの窓口」に保険見直し相談に行った話!4ヶ所の無料相談所での体験談その1

「ほけんの窓口」に保険見直し相談に行った話!4ヶ所の無料相談所での体験談その2

「保険見直し本舗」に保険見直し相談に行った話!4ヶ所の無料相談所での体験談その3

「保険見直し本舗」に保険見直し相談に行った話!4ヶ所の無料相談所での体験談その4

「みつばち保険」に保険見直し相談に行った話!4ヶ所の無料相談所での体験談その5

母の保険見直し相談に行った話!4ヶ所の無料相談所での体験談その6

保険見直し相談で保険は「いらない」結論になった話!4ヶ所の無料相談所での体験談その7

保険相談を申し込むのは、読んだ後でも遅くありません。

相談所はいくらでもたくさんありますので、選び放題です。

持ち家の火災保険でも、いろいろ考察しました。

こちらは通常はローン支払い期間が長期化することから、長期の契約期間とすると割引が効くイメージでした。

火災保険の見直し 保険料の合計はこんな感じ

火災保険の見直し その結果は現状維持!

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました