積立投資で資産運用2020年4月 前月比+117万円!先月の爆下げから少し復活!

総資産を円グラフにしています。各資産クラスの割合が視覚的に表現され、どれくらいリスクを取っているのか確認できます。 積立投資
この記事は約6分で読めます。
積立投資で資産運用2020年4月 前月比+117万円!先月の爆下げから少し復活!

インデックスファンドとETFの積立投資で資産形成を目指しています。
積立投資の進捗を報告いたします。

2020年2月からのコロナウィルスを起因とした下げ により、生きているうちに歴史に残るかもしれない暴落体験が出来るチャンスが来たかとワクワクしていました。

と思ったら、株価はよく分からない動きを続け、資産評価額は回復していました。

???

なんだこれ???

考えても全く分かりませんので、何が起きてもいつものように、アセットアロケーション(資産配分)を整えるように売買するだけです!

スポンサーリンク

2020年4月の運用成績は前月比プラス117万円

現状の資産状況は

総資産: 3271.9万円(前月比プラス116.8万円)
リスク資産買付総額: 2155.5万円
リスク資産評価額: 2053.8万円(前月比プラス78.3万円)
リスク資産リターン: マイナス4.7%

リスク資産と無リスク資産の割合、各資産クラスの資産配分を示す表です。資産配分の目標割合に合致するように購入するものを決めています。
リスク資産の保有投資商品を紹介しています。これまでの買付金額と現在の評価額を各商品ごとに表にしています。
折れ線グラフによりこれまでの積立投資の記録を示しています。一日ごとのデータを取り込むことで、細かな値動きを表現しています。

折れ線グラフで暴落からのV字回復、もとい「ユリちょうアッパー」の様子を記録することを夢見ています。

でも、先月の下げ幅と今月の上げ幅を見ると、V字、いや、ちょうアッパー張り裂けるような上昇具合を表現するにはイマイチな感じです。

これから超々長期的には右肩上がりになる予定ですので、それに比較したら今回の上げ下げはゴミみたいな凹みになりそうです。

こんな風に資産記録を細かく記録してみたい方は、以下の記事もご覧ください。

エクセルのwebクエリを使ってデータを取得する方法を紹介しています。

最初が面倒ですが、仕組づくりが出来れば以降は繰り返し作業です。

スポンサーリンク

2020年4月の投資行動

楽天証券のクレジットカード支払いにより投資信託買付

楽天カード決済で夫婦合わせて月10万円の投信積立!楽天証券で10月27日から楽天クレジット決済で投信積立設定が可能になりました の記事で紹介したように、投資信託を毎月買っています。

eMAXIS Slim 国内債券インデックス を10万円分、積立しました。

シデの会社の企業型確定拠出年金で満額マッチング拠出

自動的に給料天引きでマッチング拠出をしています。

企業型確定拠出年金(企業型DC)の商品ラインアップに文句を言い続けたらちょっとはマシになった件の記事でグダグダ述べたように、今では比較的マシなこの環境を手に入れるのに非常に苦労しました。

企業型確定拠出年金の企業側拠出とマッチング拠出の合計は最大55000円ですが、僕の場合は

企業側拠出: 20,000円
マッチング拠出: 20,000円


と、企業側拠出の額に縛られ、満額に到達していません。
こんな制約なくしてしまって、希望すれば満額拠出が出来るようにして欲しいものです。
なんで制限があるのか考えてみて、絶望した様子が企業型確定拠出年金(企業型DC)でマッチング拠出フル活用の55000円掛けるってしばらく無理な件の記事で確認いただけます。


企業型確定拠出年金の枠ではバリュー平均法に挑戦中です。

今月は、先進国株が先月のすっごい下げから一転して復活しました。

リザーブ資金をぶっ放して購入しておいた先進国株ちゃんは、結果的に安く買って高く売ることが出来ました。

やっててよかったバリュー平均法!ぬほほ

その他、投資の考え方カテゴリーでは、少ないながらもこれまでの経験から得られたいろんな体験談を記事にしています。

是非ご覧ください。

例えば、以下のようなお問い合わせをいただき、僕なりの回答を紹介しています。

スポンサーリンク

2020年5月の投資計画

以下は、設定したアセットアロケーション(資産配分)と、現状の資産評価額を比較した表です。

リスク資産と無リスク資産の割合、各資産クラスの資産配分を示す表です。資産配分の目標割合に合致するように購入するものを決めています。

新興国株が増えています。

先月VWO(バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツ ETF)をガッツリ買ったことと、その評価額も少し上がったことから増えたように見えています。

良かった、良かった。

この感じだと、アセットアロケーション(資産配分)とほぼ合致しているため、来月は売買しないことにします。

つまり、来月は貯金月間です!

スポンサーリンク

2020年4月の積立投資の感想

外出自粛により経済が冷え込み、暴落が続くかと構えていたら、あっちがダメならこっちで儲けようという創意工夫が色々なところで見えてきました。

マスクの高額転売が分かりやすいものですが、その他にも以下が挙げられます。

・スーパーから小麦粉やホットケーキミックスが消えたかと思うと。メルカリで高値で売られている

・飲食店では、宅配のみならず、いつも仕入れている野菜やワインを店先で売ることも始める

・在宅勤務が増え、パソコンの画面拡張のためにモニター需要が急増したり、web会議用にwebカメラが品薄となり、在庫は超高額化

・芸能人のYoutuber化が目立つ

しばらくコロナウィルスの影響は続くでしょうが、このウィルスでホモサピエンスが全滅することはなさそうです。

そうであるならば、人間が生きたい、儲けたいと思う限り、経済は成長し続けることを期待しています。

とにかく元気があればホモサピエンスは死ににくいようですので、他のホモサピエンスからなるべく白い目で見られないように、せきやくしゃみの飛散対策をしつつ、引き続き「うがい、手洗い、ゲーム」を欠かさないで自分が心身ともに元気でいることに努めます。

そして、これまでどおり家計管理を続け、節約趣味投資にまい進するのみです!

作者プロフィールもご覧いただくと、どんな奴が書いているか分かりますよ。

記事一覧も是非!我々夫婦の執念がこもった記事が盛りだくさんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました