積立投資で資産運用2020年3月 前月比ー357万円!まだまだ下がるかもだけど積立継続

総資産を円グラフにしています。各資産クラスの割合が視覚的に表現され、どれくらいリスクを取っているのか確認できます。 積立投資
この記事は約7分で読めます。
積立投資で資産運用2020年3月 前月比ー357万円!まだまだ下がるかもだけど積立継続

インデックスファンドとETFの積立投資で資産形成を目指しています。
積立投資の進捗を報告いたします。

先月からのコロナウィルスを起因とした下げ がずるずると続き、いついつまでも底なし下げるかのような恐ろしい相場・・・・などとは全く思っていません。

この下げにより崩れたアセットアロケーション(資産配分)を整えるようにリスク資産を買い増すのみです!

スポンサーリンク

2020年3月の運用成績は前月比マイナス357万円

現状の資産状況は

総資産: 3155万円(前月比マイナス357.4万円)
リスク資産買付総額: 2155.4万円
リスク資産評価額: 1975.5万円(前月比マイナス272.4万円)
リスク資産リターン: マイナス8.4%

リスク資産と無リスク資産の割合、各資産クラスの資産配分を示す表です。資産配分の目標割合に合致するように購入するものを決めています。
リスク資産の保有投資商品を紹介しています。これまでの買付金額と現在の評価額を各商品ごとに表にしています。
折れ線グラフによりこれまでの積立投資の記録を示しています。一日ごとのデータを取り込むことで、細かな値動きを表現しています。

ああ、ついに念願だった分かりやすい下げの様子を折れ線グラフで記録することが出来ました。

一日ごとのデータを採用した折れ線グラフを使っていたおかげで、最近の株価乱高下の様子が見事に反映されて映え(バエ)ます。

っていうか、えぐい角度で下げてますね。ヤべーッ

以前、暴落時でも投資を継続して、その後のV字回復を逃さないと断固たる決意を示したことがあります。

あとは回復するまで気絶するだけです。

かんたーん

こんな風に資産記録を細かく記録してみたい方は、以下の記事もご覧ください。

エクセルのwebクエリを使ってデータを取得する方法を紹介しています。

最初が面倒ですが、仕組づくりが出来れば以降は繰り返し作業です。

スポンサーリンク

2020年3月の投資行動

楽天証券のクレジットカード支払いにより投資信託買付

楽天カード決済で夫婦合わせて月10万円の投信積立!楽天証券で10月27日から楽天クレジット決済で投信積立設定が可能になりました の記事で紹介したように、投資信託を毎月買っています。

eMAXIS Slim 国内債券インデックス を10万円分、積立しました。

シデの会社の企業型確定拠出年金で満額マッチング拠出

自動的に給料天引きでマッチング拠出をしています。

企業型確定拠出年金(企業型DC)の商品ラインアップに文句を言い続けたらちょっとはマシになった件の記事でグダグダ述べたように、今では比較的マシなこの環境を手に入れるのに非常に苦労しました。

企業型確定拠出年金の企業側拠出とマッチング拠出の合計は最大55000円ですが、僕の場合は

企業側拠出: 20,000円
マッチング拠出: 20,000円


と、企業側拠出の額に縛られ、満額に到達していません。
こんな制約なくしてしまって、希望すれば満額拠出が出来るようにして欲しいものです。
なんで制限があるのか考えてみて、絶望した様子が企業型確定拠出年金(企業型DC)でマッチング拠出フル活用の55000円掛けるってしばらく無理な件の記事で確認いただけます。


企業型確定拠出年金の枠ではバリュー平均法に挑戦中です。

今月はすっごい下げたので、リザーブ資金をぶっ放しました。

後で記事にしますが、80万円くらい買い増しました。グヘヘヘヘ・・・・

その他、投資の考え方カテゴリーでは、少ないながらもこれまでの経験から得られたいろんな体験談を記事にしています。

是非ご覧ください。

スポンサーリンク

2020年4月の投資計画

暴落はまだまだ続きそうです。

どんな相場になろうとも、設定したアセットアロケーション(資産配分)に基づき、不足するものを買い足すだけです。

リスク資産と無リスク資産の割合、各資産クラスの資産配分を示す表です。資産配分の目標割合に合致するように購入するものを決めています。

日本株以外全部下がった状況です。

特に新興国株がガッツリ下げてます。

来月は以下を予定しています。

① VWO(バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツ ETF) の買い増し

NISA枠で買い増します。

ドル転、海外ETF購入も最初は不安でしたが、やれば出来ます!

気が付けば振り込まれている海外ETFの分配金を購入のために使用します。

この忘れた頃に貰えるっていうのがマジウレピー

②不動産のインデックスファンド乗換え

評価額がマイナスとなった今、信託報酬のより低いものに乗り換えるチャンスです。

『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』シリーズのやつが安いことが嫁氏の調べで分かりましたので、そちらに乗り換えます。

それまで暴騰しないことを祈りながら・・・

③日本株が下がっているので外食系優待のある個別株購入

コロナ蔓延、外出自粛と外食関係は厳しい方向に向かっていますが、いつかは回復すると信じていますので、今のうちに割安のように見える株を買います。

アトムの新規購入とクリエイト・レストランツ・ホールディングスの買い増しです!

スポンサーリンク

2020年3月の積立投資の感想

暴落来てるんでしょ!

資産が半分になった?

とか嫁氏が一時騒いでいましたが、大したことはありません。

10%くらい下げるのみのでした。

これもアセットアロケーション(資産配分)を許容リスクになるように設定したおかげだし、焦らなくて済むのは生活防衛資金を十分に確保してあるからです。

今回の下げで、思いのほか資産が値崩れして、

「あれ、そろそろやべーんじゃね?」とか

「うわっ…私のリスク、高すぎ…?」とか

「お金が減って気持ち悪いですー」とか

感じたあなた!

今一度、自分の立ち位置を確認するために、効率的フロンティアをチェックして自分の許容リスクを把握してみてはいかがでしょうか。

しばらくコロナの影響は続き、更に経済状況は悪化して下げ下げになるかもしれません。

何なら毎日の電車通勤で濃厚接触しまくりの自分は、既に感染してしまっているかもしれません。それだとどうしようもないので、まだ感染していない人にうつさないようなエチケットを忘れないこと、「うがい、手洗い、ゲーム」を欠かさないで自分が心身ともに元気でいることに努めるのみです。

いつかきっとこの状況を乗り越えて、人間の果てない欲望が経済を更に発展させることを信じています。

逃げちゃだめだ!

『投資は継続する』『資産も守る』

「両方」やらなくっちゃあならないってのが「社畜」のつらいところだな

覚悟はいいか?オレはできてる

下げがずーっと続いてどうしても不安になったら、売らない限り減らない口数、株価を見て正気を保てばいいし、最終的に歴史的な超暴落になったとしてもうだめぽ、と思ったなら株価の長期トレンドを遠くから細目を開けて見て、必ず右肩上がりであることを再認識し、なんとか生き続けます。

お勧め記事
家計簿を第三者に見ていただいたところ、やや貧相で魅力がないと言われてしまいました。

気にせずに、これまでどおり家計管理を続け、節約趣味投資にまい進するのみです!

作者プロフィールもご覧いただくと、どんな奴が書いているか分かりますよ。

記事一覧も是非!我々夫婦の執念がこもった記事が盛りだくさんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました