【共働きの節約家計簿公開】2019年4月 貯金3.6万 固定資産税と帰省費用が重なりました

2019年家計簿
この記事は約8分で読めます。
【共働きの節約家計簿公開】2019年4月 貯金3.6万 固定資産税と帰省費用が重なりました

セルリアンです。

我が家の2019年4月の家計簿を紹介します。

家庭の基本情報は、以下のとおりです。

 30代夫婦共働き

 子供なし

 世帯年収は約800万円(手取り)

 一戸建てローン返済中、その他借金なし

 車なし

 家計簿は夫婦合算型、こづかい支給スタイル

2019年4月の収支は以下のとおりです。

収入: 417,829円

支出:381,498円

貯金額:36,331円

 過去の家計簿は家計簿カテゴリーをご覧ください。

去年1年間の収支も紹介しています。

家計簿は絶対に付けた方が良いと考えております。

 我が家の家計簿に対する考え方はとてもシンプルで、以下の記事で紹介しています。家計簿つけて当たり前、つけないと気持ち悪くなるくらい生活の一部となっています。

スポンサーリンク

収入、支出と項目別の金額

収入

給料:417,829円

給料は夫婦2人分です。
旦那は珍しく厚生年金保険料と健康保険料のアップを抑えるために残業をしない努力をしています。

支出

1. 食費

食材:28,211円

外食:20,448円

3月よりも食費が下がりました。

平日は基本的に自炊派です。

自炊を楽にするための方法を手抜きしまくりでも食費節約!我が家のお昼ご飯のお弁当作りは超らくちんの記事で紹介しています。

2. 住宅ローン

68,999円

ついに住宅ローンが一括返済可能に!でも返済しないで投資します 積立投資20170527の記事を書いた時点で、資産が住宅ローン残高を上回りました。

住宅ローン控除期間が終わるまで一括返済しないで、余剰金は投資に回します。

家については賃貸派、持ち家派についてさまざまな考えがあります。

うちは持ち家派ですが、一戸建ての価値は? 「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015」を読んでの記事で改めてその妥当性を考察しています。

3. 日用品

1,935円

絆創膏やキャベツピーラーなどを買いました。

キャベツピーラーは春キャベツに向いていないみたいなので、しばらくはお休みしてもらいます。

4. 光熱費

電気:4,161円

ガス:3,191円

水道: 0円

電気の契約は、楽天でんきを利用しています。
電気代は8,846円でしたが、楽天ポイントで4,685円割引となりました。

その他の光熱費節約方法を以下の記事で紹介しています。

【電力自由化】電力会社変更から1年 年間電気料金単価は約14%低下!

風呂の追い焚き回数が減ってガス代節約!風呂湯保温器 バスパ

導入から1年経過 4000円もした節水シャワーヘッドの効果とやらを確認!

その他の節約方法については 節約術カテゴリーをご覧ください 。

5. 通信費

携帯電話:1,010円 (ガラケー)

WiMAX:3,076円

通話SIM:1,060円 (楽天モバイル)

夫婦2人分です。

通信費を削れ! 我が家のWiMAXと格安SIMカードの使用術の記事で紹介したように、我が家は格安SIMとWiMAXを夫婦の環境により使い分ける方法を採用していました。

しかし、旦那側を楽天モバイルのスーパーホーダイに完全移行しました。


通信費は合計5,146円となりました。

楽天モバイルはキャンペーン価格で通常より安く済んでいます。
楽天ポイントによる支払いもできるので更に安くなる可能性大です。
楽天モバイルを契約する時、事務手数料の節約の為に、Amazonでエントリーパッケージを購入しました。

6.  NHK、保険、医療費、被服費

NHK: 0円

保険: 20,000円

医療費:2,450円

被服費: 0円

医療費は私の持病の通院費です。
保険は「じぶんの積立」に加入しています。

「じぶんの積立」に加入することにした理由については、生命保険料控除の枠を活かした節税を目論み、じぶんの積立(明治安田生命)を契約!もう行くことはあるまいと考えていた大嫌いな保険相談所ですが、対面契約しばりで仕方なく行ってきましたのでその様子を報告しますの記事をご覧ください。

保険の支払方法を口座振替から送金扱いに変更したため、nanacoカードによりコンビニで支払えるようになりました。口座振替では得られないクレジットカードからの還元が目当てです。

残念なことにnanacoギフトの販売が終了してしまい、kiigoでもクレジットカード購入ができなくなってしまいました。
今後は以前やっていたyahoo!JAPANカードを利用したクレジットチャージをすることにしました。
ポイント還元率が1.25%から0.5%に下がることになります。

保険はじぶんの積立、家の火災保険(特約で賠償責任保障付き)、地震保険以外は加入していません。

かつてはたくさん保険に加入していましたが、保険を見直そうとして保険相談に行ったのをきっかけにどんどん保険を辞めました。

保険相談所は行くだけでも勉強になりますが、丸腰で行くと不安を煽られて授業料をたくさん取られます(特約たっぷりの無駄な保険に加入してしまい、保険料が跳ね上がる)。

その体験談は保険相談の記事をご覧ください。(全7話)

7. 小遣い

シデ: 10,000円

セルリアン:10,000円

夫婦平等に同額です。

多分、相場より少ないですが問題ありません。

独身時の貯金がお互いあるので、必要ならそこから出すことにしています。

詳細はお小遣い事情の記事をご覧ください。

8. その他

206,957円

帰省費用、固定資産税の支払いなどがありました。
固定資産税はnanacoカードで支払いました。

貯金

36,331円

長期投資で地道に資産を増やすことを目標に、余剰金は投資に回しております。

もっと詳しい投資の目的や思想については、億万長者? 周りにはいませんけど、なんなら僕がなりますよ! 「となりの億万長者」 を読んで(1/2)の記事や 投資に対する考え(大丈夫、怖くない) のカテゴリーをご覧ください。

貯蓄率

8.7%(昨年実績 41.9%)

過去の実績は家計簿カテゴリーをご覧ください。

スポンサーリンク

2019年4月の家計状況の感想

帰省費用と固定資産税の支払いが重なり、あまりお金が残らない月となりました。
税金、保険料の支払いに大いに活躍していたnanacoギフトカードの購入ができなくなったことが非常に残念でした。

作者プロフィールもご覧いただくと、どんな奴が書いているか分かりますよ。

記事一覧も是非!我々夫婦の執念がこもった記事が盛りだくさんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました